So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

【予定通り開催】「Hunting:狩猟相解明のためのアプローチ」 [シンポジウム]

佐久地方も台風の影響が大きく、災害に遭われましたみなさまに心よりお見舞い申し上げます。

■ シンポジウム「Hunting:狩猟相解明のためのアプローチ」は、前回のお知らせのとおり、予定通り行います。皆様、お越し下さい。
nice!(0) 

シンポジウム 「Hunting:狩猟相解明のためのアプローチ」 [研究集会]

人類は与えられた環境・生態の中で、どのような狩猟活動を展開してきたか。
先史人類から現今の狩猟採集民まで、狩猟についての多様な研究アプローチを行う。

期日 2019年 11月16日(土) 同17日(日)
場所 浅間縄文ミュージアム あつもりホール (エコールみよた内)
(長野県北佐久郡御代田町) http//w2.avis.ne.jp/~jomon
主催 浅間縄文ミュージアム・八ヶ岳旧石器研究グループ・佐久考古学会
参加 自由参加(申込み不要) ただし参加費として2000円(資料代含む)が必要です。

内容 
■ 11月16日(土)
■ 記念講演 60分
13:00~14:00  「ブッシュマンの狩猟採集生活」  田中二郎(京都大学名誉教授) 
-休憩30分-
■ 研究発表 30分
14:30~15:00 「横須賀市 船久保遺跡ー旧石器時代最古段階の石器群とAT以前の陥し穴列ー」 麻生順司 (玉川文化財研究所)
15:00~15:30 「日本列島における投槍器・弓矢猟の出現と波及」 佐野勝宏(東北大学)
-休憩20分-
15:50~16:20 「狩猟具の製作技術に迫るために」 高倉純(北海道大学)
16:20~16:50 佐藤孝雄 「動物遺体から探る先史時代の狩猟活動」佐藤孝雄(慶應義塾大学)

18:00~ 懇親会 明治屋

■ 11月17日(日)
9:00~9:30  「実験で考える先史狩猟具」 山田昌久(首都大学東京)
9:30~10:00  「弓矢の矢柄ついて」 近藤 敏(関東第四紀研究会)
-休憩20分-
10:20~10:50 「人骨の同位体分析からみた肉類と植物の評価」 米田穣(東京大学)
10:50~11:20  「マタギの狩猟具と狩猟システム」 田口洋美(東北芸術工科大学)
-休憩10分-
11:30~12:00 「日本列島先史時代の陥し穴猟」 佐藤宏之(東京大学)
-休憩60分-

■ パネルディスカッション 13:00~14:30 (1時間30分)


※ 懇親会ご参加希望の方は、浅間縄文ミュージアムまでメールでお申し込みください。
  ■ 懇親会 明治屋旅館 18:00~ (会費6000円) 申込み締切 ★ 申込み締切 10月30日
※ 宿泊ご希望の方は、発表者宿舎と同じ宿(明治屋)をこちらで10名ほどご用意が可能です。ご連絡下さい。
他に会場に近い宿は以下となります。各自ご予約ください。ルートインは徒歩20分、他は徒歩5~10分。
●民宿高原(0267-32-2242)、●ルートインコート軽井沢(0267-32-1011)

■ お問い合わせ
浅間縄文ミュージアム 堤  隆まで
〒389-0207 長野県北佐久郡御代田町馬瀬口1901-1 TEL 0267-32-8922 
Eメールjomon@mx2.avis.ne.jp
WEbサイト http://w2.avis.ne.jp/~jomon/
https://mikoshiba.blog.so-net.ne.jp/

nice!(0) 

■ 第3回 パレオ・ラブ のご案内 [パレオ・ラブ]

大場正善さんの石器製作ワークショップ。ぜひご参加下さい。
■ 日時 2019年9月22日(日) 13:00~17:00
■ 場所 東京都埋蔵文化財センター実習室 https://www.tef.or.jp/maibun/access.jsp
■ 内容 石器製作ワークショップ 
実験石器製作のエキスパートである大場正善氏(山形県埋蔵文化財センター)を講師に、石材の割れの原理、石器製作方法、製作技術分類などを学ぶ講座。
■ 参加 【参加希望者のみ】、堤までメールを。
※ 終了後は講師を囲んで懇親会があります。
nice!(0) 

★ 旧石器研究プログラム ”パレオ・ラブ” のお誘い [研究集会]

若い考古学生のみなさん、パレオ・ラブに参加しませんか!
フィールドに出てみたい! 遺跡や石器直接ふれてみたい!そんな方に。
■ パレオ・ラブ【Palaeo love】は、旧石器の基礎研究機会の提供と展望を、情熱をもって行う会です。
【Palaeolithic learning opportunity and view】の略
■ 考古学を志す学生のみなさんなら大学の垣根を越え参加自由、会費はいただきません。
考古学関係の若手就職者も参加OKですが、社会人の場合若干の参加費を頂戴します。
■ 講師は現役の埋蔵文化財センター職員や博物館学芸員、大学教員など【ボランティア講師募集中】。
■ 遺跡や石材原産地、博物館などでの現地ワークショップが中心です【詳細は下記】。
■ 希望者を把握するため参加回ごとに申込みをしてください【FBお友達は、
堤までメッセンジャーで】
■ 第1回 パレオ・ラブ 2019年6月15日(土)10:00~ 旧石器ハテナ館(相模原市)
午前10:00~12:00 国史跡田名向原遺跡の遺跡立地と住居状遺構の検討
午後13:00~17:00 フォーラム「相模野の旧石器」
【詳細内容は以下】
■ では、積極的なご参加お待ちしております!
            パレオ・ラブ代表者 堤  隆
==========================
■ 今後の活動内容 (予定・順不同)
① :フィールドワークによる基礎的研究 (実際に歩いてみて確かめる)
遺跡立地をどうみるか 相模野・武蔵野でのフィールドワーク
遺跡の層序区分の問題 相模野等の発掘調査現場
石材産地と産出状況の検討 (エクスカーション) 
信州黒曜石原産地 白滝黒曜石原産地 
②:石器の製作 石器製作の実験考古学的研究 
(実際に割ってみて確かめる)
石器製作 実験製作者による石器製作
石器に残る物理的痕跡 前回の製作物の観察
剥離手法の同定可能性 前回の製作物の観察
③:石器の観察と記載 石器の使用実験と使用痕観察 
(実際に使ってみて確かめる)
石器の使用実験 首都圏の埋文センター・博物館での使用実験 
使用痕の観察とパタン認識 顕微鏡のある施設
使用痕跡研究の成果と課題の検討 
④:石器の分類と記載、図化 (実際に分類・記載・図化してみる)
石器分類 首都圏の埋文センター・博物館での開催
石材分類 首都圏の埋文センター・博物館での開催
石器図化とデータ化の基礎 首都圏の埋文センター・博物館での開催
■ 賛同者あるいは講師(順不同) 【随時追加されます】
諏訪間順・加藤学・中沢祐一・沢田敦・大場正膳・堀恭介・高屋敷飛鳥・中川真人・麻生順司・鈴木次郎
■  第1回 パレオ・ラブ
1 日時 2019年6月15日(土) 
2 場所 旧石器ハテナ館 
〒252-0245 相模原市中央区田名塩田3丁目23番11号 ℡ 042-777-6371
3 主催 柏ケ谷長ヲサ遺跡調査団 八ケ岳旧石器研究グループ 相模原市立博物館 パレオ・ラブ 
4 内容 
■ 午前の部 フィールドワーク 「田名向原旧石器遺跡の立地と遺構の検討」
■ 午後の部 フォーラム「相模野の旧石器」
1 相模野旧石器 記念講演 諏訪間順 13:00~13:50 (50分)
2 相模野を掘る!寺尾遺跡:行政による大規模な旧石器時代遺跡調査の先駆け 鈴木次郎 14:00~14:30 (30分)
3 相模野旧石器に賭けた青春:柏ケ谷長ヲサ遺跡から学んだこと 堤隆 14:30~15:00
4 相模野台地の遺跡立地と遺構 中川真人 
15:10 ~ 15:40
5 下九沢山谷遺跡と相模野後半期 高屋敷飛鳥 
15:40-16:10
6 フリートーク 「相模野先生!」 16:20~17:00
■ 夕方の部 「語り飲みの会」 相模原市橋本駅前(店舗検討中) 18:00~
nice!(0) 

野辺山高原における後期旧石器時代の緑色チャート利用

緑石器.jpg

信州中央高地、野辺山高原の旧石器時代遺跡においてポピュラーに利用されている石材がある。「緑色チャート」と呼称される石材で、濃い緑の地に霜降りのような白い縞をもつ外見の石材である(図1)。時期的にはナイフ形石器群、尖頭器石器群、細石刃石器群、および草創期石器群において以下に利用が確認される。本研究では、この緑色チャートの石材利用について検討してみたい。
・三沢遺跡 ナイフ形石器群(「砂川段階」)
三沢遺跡においては、緑色チャートが308点中14点、重量では2581.6g中160.1g(約6%)が確認される。器種としては、石刃1、剥片12、砕片1点となる。
・中ッ原5B地点 細石刃石器群(削片系)
全搬入石材6143g中、緑色チャート2835g(46.1%)、黒曜石1803g(29.3%)、チャート630g(10.3%)、その他875g(14.3%)となっている。この遺跡の細石刃資料のほとんどは黒曜石だが、緑色チャートの削片も含まれている(図1-2)。稀にはこの石材で細石刃が製作されたことがうかがえる。
・中ッ原1G地点 細石刃石器群(削片系)
全搬入石材6143g中、緑色チャート239g(6.7%)、黒曜石3191g(90.0%)、チャート116g(3.2%)、その他2g(0.1%)となっている。
中ッ原5B地点と中ッ原1G地点は遺跡間接合においてその同時性が確認されているが、緑色チャートの利用差がかなり大きい。単純にその多寡が比較されず、こうした遺跡間差も考慮しておく必要がある。
柏垂遺跡では、草創期とみられる柳葉形尖頭器(植刃)にもこの石材が利用されている(図1-4)。立石A遺跡では、微隆起線文土器に伴う掻器にこの石材が利用される。
この緑色チャートの産出地点を確認すべく、1995年より筆者らは調査を行っている(堤・吉田1996)。しかし、野辺山高原のある長野県側では、これまでその産出地点の確認には至っていない。この石材は、野辺山と隣接する山梨県北部では縄文時代の後半期まで多用されるものであり、県境の山梨側に産地がある可能性が高い。産出地点については、分布頻度などを参照しながら、踏査を重ねており、状況を明らかにできればと考えている。
なお、本誌のモノクロ写真では、この石材の特徴ある色などの理解に限界があるため、カラー画像をこのwebに掲載している。
本研究遂行には、堤隆に交付されたJSPS科研費基盤研究(C)「神子柴系石器群の生成とその性格をめぐる研究」(課題番号17K03216)の一部を利用した。

明治大学黒耀石研究センター 堤  隆

引用文献
堤  隆・吉田政行 1996「八ケ岳東麓における石材環境と旧石器時代の石材利用」『中ッ原第1遺跡G地点の研究』,228―252頁, 長野, 八ケ岳旧石器研究グループ

nice!(0) 

シンポジウム 神子柴系石器群 その存在と影響 開催のお知らせ  [研究集会]

神子柴遺跡発掘60周年 記念シンポジウム 2018 
「神子柴系石器群 その存在と影響」を開催します。

1 日 時 2018年 9月29日(土)午後 1時30分~午後5時
          9月30日(日)午前 9時~午後3時
2 場 所 伊那市創造館 (長野県伊那市荒井 伊那市駅前) 伊那市創造館 ←検索
3 参 加 以下にメールでお申し込みください。tsutsumi@avis.ne.jp 堤 隆まで
     ○ 懇親会参加 5,000円
     ○ 宿泊希望 先着20名まで(主催者が手配) 5,000円 ホテル青木(会場まで徒歩5分)
     ○ このほか予稿集を含む参加費が2,000円必要となります。
伊那市創造館 八ケ岳旧石器研究グループ  共催

■ 9月29日(土) シンポジウム基調報告 午後1時30~午後5時30分(発表各40分質問10分)
1 神子柴系石器群の石器石材 中村由克(明治大学黒耀石研究センター)
2 神子柴集団の石器製作技術 大場正善(山形県埋蔵文化財センター)
3 神子柴遺跡再考 栗島義明(明治大学黒耀石研究センター)
4 西日本の非神子柴的世界 池谷信之(明治大学黒耀石研究センター)
 懇親会 PM 6:00~ (会費5000円 飲み放題)

■ 9月30日(日) 午前9時~午後3時 基調報告・講演会 
5 北海道における神子柴系石器群の存在性 中沢祐一(北海道大学)
6 神子柴遺跡の基礎的理解 堤 隆(明治大学黒耀石研究センター・八ケ岳旧石器研究グループ)

◎ 講 演 11:20~12:20 神子柴遺跡はなぜ残されたか 佐藤宏之(東京大学大学院教授)
 
 昼食  12:20~13:30

◎ パネルディスカッション 午後1時30分~3時

■ 伊那市創造館展示 神子柴遺跡石器群 (貸出中の石器を除き全点見学できます)

会場 伊那市創造館 〒396-0025 長野県伊那市荒井3520番地 電話:0265-72-6220
JR飯田線 伊那市駅より徒歩4分
問合せ 事務局 八ケ岳旧石器研究グループ 堤  隆 tsutsumi@avis.ne.jp
○ Web情報 http://mikoshiba.blog.so-net.ne.jp/

nice!(1) 

神子柴シンポジウムまであと半月です。 [研究集会]

みなさま、ぜひご参加くださいね!

唐沢B遺跡発掘50周年、神子柴遺跡発掘60周年を記念したシンポジウム「神子柴系石器群とは何か」 と2018長野県旧石器研究交流会一般研究発表が開催されます。

2018 長野県旧石器研究交流会・シンポジウム神子柴系石器群とは何か? 
― 開催のお知らせ ―

唐沢B遺跡発掘50周年、神子柴遺跡発掘60周年を記念したシンポジウム「神子柴系石器群とは何か」 と2018長野県旧石器研究交流会一般研究発表が開催されます。
ご参加お待ちしております。

1 日 時 2018年 2月3日(土)午後 1時~午後5時
             2月4日(日)午前 9時~午後3時
2 場 所 浅間縄文ミュージアムあつもりホール(長野県北佐久郡御代田町) http//w2.avis.ne.jp/~jomon
     
3 参 加 自由参加(申込み不要) ただし参加費として2000円(資料代含む)が必要です。
★ データベース・ワークショップと懇親会参加は、申込みが必要です (浅間縄文ミュージアムまでメールで)

■ 2月3日(土) 午前10時~午後12時45分 データベース・ワークショップ(ランチタイムミーティング)
講師:野口淳(日本旧石器学会データベース委員長) お申込み:20名 参加費:ワンコインランチ500円
★ 申込み締切 1月20日

■ 2月3日(土) 

◎ 講演会 午後1時~午後2時 「神子柴石器群とは何か」 稲田孝司(岡山大学名誉教授)

◎ 長野県旧石器研究交流会 一般研究発表 午後2時30分~午後5時30分 (発表各30分)
1 中部高地における後期旧石器時代の展開 長崎治(川上村教育委員会)
2 中部高地の後期旧石器時代遺跡-データベースからみた立地と分布- 野口淳(東京大学総合研究博物館)
3 男女倉遺跡群の使用痕分析 村田弘之 (長和町黒耀石体験ミュージアム/明治大学黒耀石研究センター)
4 男女倉遺跡群分析の新視点―第I・III遺跡の再整理から― 須藤隆司 (明治大学黒耀石研究センター)
■ 懇親会 明治屋旅館 PM 6:00~ (会費5000円) 申込み締切 ★ 申込み締切 1月20日

◎ シンポジウム “神子柴系石器群とは何か”

■ 2月4日(日) 午前9時~午後12時30分 基調報告 (発表各30分)

5 最終氷期末の両面加工刺突具の変遷について 橋詰潤(明治大学黒耀石研究センター)
6 バイフェイスを携えて 堤 隆(浅間縄文ミュージアム/明治大学黒耀石研究センター)
7 先土器時代終末期における石材利用変化‐細石器・神子柴系石器群を中心に‐ 大竹憲昭(長野県立歴史館)
8 神子柴型石斧の特質とその意義 橋本勝雄(千葉県教育振興財団)
9 石斧への眼差し 長崎潤一(早稲田大学文学学術院) 

10 パネルディスカッション 午後1時30分~3時

11 ポスターセッション・コアタイム(発表者立会質疑時間) 2月4日(日) 午後12時40分~13時20分

〒389-0207 長野県北佐久郡御代田町大字馬瀬口1901-1 浅間縄文ミュージアム 担当 堤 隆
電話 0267-32-8922 Eメール jomon@mx2.avis.ne.jp ●上信越自動車道佐久インターより車で10分
●長野新幹線軽井沢駅乗換え、しなの鉄道御代田駅より徒歩10分 ●長野新幹線佐久平駅より車で15分
宿泊:会場に近い宿は以下となります。各自ご予約ください。ルートインは徒歩20分、他は徒歩5~10分。
●明治屋旅館(0267-32-2028)、●民宿高原(0267-32-2242)、●ルートインコート軽井沢(0267-32-1011)

浅間縄文ミュージアム 長野県旧石器研究交流会 明治大学黒耀石研究センター 八ケ岳旧石器研究グループ  共催 データベース・ワークショップ 主催 日本旧石器学会 

■ お問い合わせ・お申込み
浅間縄文ミュージアム 堤  隆まで
〒389-0207 長野県北佐久郡御代田町馬瀬口1901-1 TEL 0267-32-8922 
Eメールjomon@mx2.avis.ne.jp
WEbサイト http://w2.avis.ne.jp/~jomon/

nice!(0) 

ブッシュマンの遊動と狩り [民族誌]

ブッシュマンの遊動と狩り
40分頃がレイヨウの弓矢猟と解体です。

https://www.youtube.com/watch?v=J2UXX9yAQGY


★ 考古学特殊講義(2) 日本旧石器研究(2) 講師: 堤  隆
A1・A2 セメスター

■ 秋学期 レポート課題

石器複製資料の提出、その性格についてのレポート

A 提出物:自ら製作した石器
B レポート:その石器についてのレポート
  写真、実測図を添付し、製作技法、形態、法量、編年、
  文化・社会的背景など、重要な属性・性格を記載。
  (編年・性格・背景などは「仮想」でかまいません)
  【石器研究へのアプローチ性を考えるものです】

A・Bいずれも提出してください。

■ 分  量      A4で3枚以内
■ 提出期限     2018年 1 月 30日
■ 提出先       考古学研究室

nice!(0) 

ポスターセッション参加者募集(長野県旧石器研究交流会 2018) [研究集会]

ポスターセッション 概要

長野県旧石器研究交流会2018では、シンポジウム「神子柴系石器群とは何か?」にあわせて、
以下の概要でポスターセッションを実施いたします。
ふるってご応募ください。

1 日時 2018年 2月3日(土)13:00 ― 2月4日(日)15:00  (※掲示は2月28日まで)
2 場所 浅間縄文ミュージアム(長野県北佐久郡御代田町) http//w2.avis.ne.jp/~jomon
3 概要 
(1) ポスターサイズ 最大でA0サイズ(幅841mm×高さ1189mm)です。このサイズ内で製作ください。
(2) コアタイム(発表者立会質疑時間) 2月4日(日) 12:40~13:20
(3) 掲示 2月3日(土)10:00から掲示準備可能です。
   2月28日まで浅間縄文ミュージアムに掲示させていただき撤収します。
   掲示後はご指定の住所に返送します(送料はミュージアム負担)。
(4) 予稿集掲載 同日刊行される予稿集に概要を執筆下さい。分量は1頁です。
   原稿締切 2017年1月5日 テンプレートは発表者に別途お送りします。
(5) お問合せ・お申込み
   浅間縄文ミュージアム、堤隆まで。TEL 0267-32-8922 Eメール jomon@mx2.avis.ne.jp
Webサイト http://w2.avis.ne.jp/~jomon/

nice!(1) 
前の10件 | -